スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久し振りでございます

流石にいいかげんフツーに鉛筆使って絵を描かないと感覚が鈍ると思ったので、作業再開してみました。でも継続するかどうかが微妙。





kiira8

8時間経過。目をほぼフィックスしました。全体のグレーバランスは、この目をベンチマークにして決定します。とりあえず一番濃い部分を決定してしまうと今後の作業がスムーズに行く…気がします。あくまでも『気がする』といった程度。ここから顔の構成要素をとりあえず的な感じで描き込み、髪の毛→肌→服…という順序で仕上げる…コトが出来たらいいな♪





そんな訳で、遂にウチにも次世代機の波が到来!PS3を買いました。でもBD再生が大目標なので、別にゲームはいらねぇんだわな。でも10月に発売される『マクロスフロンティア』の劇場版が、どうやらPS3のゲームデータと劇場版映像データの同梱バージョンらしいので、たぶんソコでPS3ゲームデビューとなる可能性大。でも今別に自ら進んでテレビゲームで遊ぼう!…とは、全く思わないんです。昔はガツガツ遊んだんですけどねえ。今はソレよりも面白いコトが沢山あるし、優先順位がスゲー低いですな。でも『けいおん!!』のBDを観る事が出来てあたしゃ嬉しいよ。スタッフコメンタリー(声優では無い)がスゲー面白い&為になりましたわ。明日の本放送も楽しみです何てったって2期最大のヤマ場だと思われますから明日放送される回はねえでもあと数回で終わってしまうのね何だか寂しい感じもしてみたりしてどうしようあらヤダこの一文句読点が無いからちょっと読み難いかしらでもそんなの関係ねーやというコトで以上ですオヤスミナサイマセ。
スポンサーサイト

サボり過ぎたかしら?

何か、色々な物事をテキトーに消化していたら、しばらくの間、着手しておりませんでした。よろしくないですのう。



kiira6

6時間経過。ここら辺りからは変わり映えのしない状態が結構な時間続くことになりますが、微調整しながら仕上げて行きます。先ずは目を確定させ、全体のコントラストを整えて行くのですが…何か違う感じがするなあ…。ナニがチガウんだ?



kiira7

7時間経過。左目がちょびっとオカシイ感じがしたので少し手を加え、様子を見ながら影になっている部分に加筆。更に口周りを細かく描き込みました。でも何かウルサイ感じもします。口近辺は少し『引く』作業を行なう必要があるかもしれません。この辺りの作業は行ったり来たりの繰り返しなので、納得の行くところまで手を動かす所存。やっぱりオネーチャンは難しい…。





そんな訳で、『fg』を見ていると、世の中には凄いヒトが沢山いるんだな~…って素直に思います。ました。模型雑誌に掲載されている作品が『頂点』では無いことに気付かされます。イヤむしろ最近の模型雑誌って「コレが正解」みたいな記事が多くて、少し鼻につく部分があったのですが、コミュニティサイトの中ではそんな正解・不正解なんてコトは関係無しに魅力的な作品がアップされており、本当に刺激的です。それに、『正解=魅力的』とはならないケースも多い訳で、それに「正解」だけが表現の手段では無いハズなので、色々と学ぶコトが多いです本当に。自分も、かなりどうでもいいルールを自分自身に課している可能性があるので、もっと色んな視点から『見る』ことを学習する必要があるな…と、正直思いましたでス。食わず嫌いは良くないですね、ホントに。

コレくらいでも自分十分満足なんですけど

kiira5

5時間経過。顔の調整と髪のアタリ入れ。全体的にタッチも少々追加。このくらいで終了しちゃダメ?…ま、ダメなんですけど。

まだ顔がちょっと変なので微調整を施した後に細かく描き込んで仕上げて行きます。ここからが大変。飽きるんだよねえ…。いかにして飽きずに作業を継続するかがポイントです。その為の『放送室』だったりする訳です。





そんな訳で、本日アマゾンさんから『GO!GO!MANIAC』と『Listen!!』のシングルCDが届いたのですが、そう言えば第2期のエンディングにおけるあずにゃんの衣装。あの模様は、山岳王の証であるマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ!で、近年の山岳王の有名ドコロと言えば、フランスの英雄リシャール・ヴィランク。でもってそんな英雄の名前をナゼかマシーネンクリーガープロファイルで発見!軍曹の階級を与えられ、スネークアイを駆っているとの事。しかもアルファベットの『Q』が機体にマーキングされていますけど、アレはまさしく最後に在籍していたチーム・クイックステップの『Q』!恐るべしマシーネンそして『けいおん!!』。

ま、つまり、アニメ業界と模型業界には自転車スキーが結構いるというコトですよ、たぶん。唯の部屋に貼ってある『こだまカウンターヒル』のポスターにもロードバイク乗りの女の子が描いてあったし。

割と順調な感じ

kiira3

3時間経過。ジャージの輪郭を描き、スポンサーロゴを描き入れてみました。ついでに首に軽くタッチ入れ。ちょっと左胸のスポンサーマークが違う感じがするな。コレは次の1時間で修正します。全体の雰囲気はコレで何となくワカルかと思います。



kiira4

4時間経過。ジャージの修正を施し、肌部分にもう少し細かいタッチを入れて更に様子見。そして口の修正ついでにディテールを確定させました。ここらあたりの作業が実は一番面白かったりします。ガリガリ線を入れることが出来ますから。後半になるとデリケートな描画作業の連続になるので結構シンドイ。あと2~3時間くらいが遊びポイント。ソレ以降はストレスだらけでございます。だったら何で絵を描いているの?…という声が聞こえてきそうですけど、だって絵を描くくらいしか芸が無いんですもの仕方ないじゃん。ついでに言いますと自分は別に美大を出ていたりする訳ではありません。なので完全に自己流です。ひょっとしたらセオリーみたいなモンがあるのかもしれませんが知ったこっちゃないです。自分が良いと判断した方法で描いておりますあしからずです。ソレはともかく、ちょっと顔の部品が中央に集まっちゃった感じがするかも。微調整が必要かも。歯はもう少しディテールを省きます。描き過ぎると下品な感じになっちゃうので。唇が薄いヒトなので日本人ウケしそうな顔ですな。





作業中の時間のカウントは『放送室』1回分を1時間としております。大笑いして腹痛くなっている時間も含めているので実は正確なカウントにはなっていないかもしれん。もう何度もリピートして聴いています。BGMならぬBGTですな(バック。グラウンド・トークね)。ごって若手や~ん。

キーラ・コルピ、始めました

ブログ上でアップ出来るブツが少なくなってきたので、ちょっと指向の違ったモンをアップするべく、フィンランドのフィギュアスケート選手であるキーラ・コルピを描いてみることにしましたよ。この選手、ホントにムチャクチャキレイカワイイよ。画像タップリ収集したよウヘヘヘ♪



普段ですと、完成した状態の画像をアップするのが常でしたが、それだと面白みが無いかもしれないな…と思いましたので、今回は1時間毎の作業進捗をアップしてみることにしました。参考になるかどうかは分かりませんけど、自分はこんな感じで鉛筆使って絵を描いてますよ~…といった『紹介』気分の記事になればいいかな、と。

そんなに特殊なコトはやっておりません。漢字を書くことが出来る方であれば誰でも出来ると思います。だって漢字って絵が派生して出来上がった文字じゃん?それくらいの技術で描けます本当に。要は、絵を描きたいか否かといった『気持ち』の問題だと思います。ご質問等ありましたら遠慮なくコメント書き込んで頂きたいと思います。



一応、今回のテーマは『外人』『金髪』『若いオネーチャン』の3点。コレをキチンとクリアー出来るか否か。

『外人』。最近描くことが少なく、また描くことがあってもアジア系の人だったりして日本人とそんなに差異がなかったりするし、過去に描いた記憶を思い返してもバスケットボール選手に多い黒人系が殆どだったりして、所謂『ザ・外人』を描いた経験が少な過ぎるので、いっちょここらあたりで練習しておくか!…と思ったのです、ハイ。

『金髪』。以前ノムさんを描いた時の個人的テーマとして『白髪』というのを掲げていたのですが、コレは何となくイケたと思うのです。『黒髪』はもう何度も描いているのでそれなりにツボは心得たと思っているんです。そうなると残るは『金髪』『パーマ』あたりが課題として残る訳で、『パーマ』は時間がかかりそうなので今はペケ。消去法的に『金髪』をテーマとして設定。ナチュラルブロンドで三つ編みは反則だと思いましたです、ハイ。

『若いオネーチャン』。『ガキ』は最近死ぬ程描かされたのでもういいよ。『老人』もそこそこ描きました。『オッサン』も結構描いたな。そうなるとやっぱり消去法的に『若いオネーチャン』が残る訳です。『イケメン』は面白くないので完全に却下。でもオネーチャンって、とっかかりになるディテールが少ないから結構難易度高いんスよ。でも上手く描けた時の充実感はなかなかのモンです、ハイ。



kiira1

1時間経過。全体のレイアウトの決定及びパーツ座標合わせ作業。補助線の引き方がポイントです。よく「対象をじっくりと観察して描こう!」といった一文を見掛けることがありますが、ソレって一体ドコを観察すればいいの?…という疑問に発展するケースがあると思うんです自分は。ハッキリ言って、対象ばかりを観ていてもキッチリとしたモンは描けないと思います。対象の外側…つまりは輪郭線の外側にある空白部分のカタチを見極めることが重要だと自分は考えます。なのでこの段階では『描く対象の外側にある図形の正確さ』に重点を置きます。あとは『顔が納得の行くパーツ配置になっているか否か』。この時点では顔の中心にパーツが集まり過ぎていて、何か変。シャクレっぽく見えているし。コレは修正必須也。紙全体におけるレイアウトはこんなモンだと思います。目線が行っている方向の空白を多めに取るのがポイントです。そうしないと絵が緊張したものになってしまうので。



kiira2

2時間経過。早期に顔がキチンとした状態にならないと気持ち悪いので、細かい座標調整を行い、軽くタッチを入れて様子見。いきなりイイ感じの顔になった!コレですよコレ。こんな感じの顔になればオッケーでございます。コルピってこんな顔してるもん。2時間でここまで持って行けることが出来れば、自分的には十分に速い作業ペース。この後は髪の毛とジャージをもう少し鮮明に描き、スポンサーロゴの座標を確定する作業へと続きます。





とりあえず、毎日1時間ずつ進めます。コレばっかりやっていてはいけない状況故。焦るよホント。
プロフィール

Author:山口 仁志
三流自転車乗りで三流モデラーで三流絵描きの駆け出し柔道整復師です。とりあえず、二流に昇格したい次第。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。