スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメが好きで何が悪い?

最近やっていたNHKの朝のニュース番組で、久し振りにダ・カーポのお二人の姿を見てちょっと懐かしい気分になり、やっぱり久し振りに『名探偵ホームズ』のDVDを観たりしちゃったりなんかしちゃったりして。宮崎駿が担当している回はクオリティが高いのね今観ても。素で楽しめました。





で、最近。どうも周囲で『アニメが好き』…ということに対して、鼻で笑ってみたり、気持ち悪がったりする空気がありまして。こんな事は世間では今に始まったコトでは無いし、それこそ結構昔っからあったコトなんでしょうが、近辺ではそれ程沸き立つ様なコトでは無かったので特に気にはしていなかったのですが、ここに来て近所でそういった空気を感じる様になったので、何となく気になって記述してみた次第なんですけど…。



アニメが好きってコトは、そんなに悪い事なのかい?



別にそんなに気持ち悪い事では無い様な。だとしたら、テレビゲームの類は全て否定される訳でして(それこそアニメの塊みたいな商品ではないか)。しかもズルい事に、3DCGはオッケーで、セルがダメ…というルールも何となく感じるのですよ。つまり3DCGは気持ち悪くない…みたいな。

だとしたら、逆に自分は3DCGの方がアカンですわ。

かつてはソレでメシを食べていた時期があったのであからさまに否定することが出来ないのがナニでアレな感じではありますが、所謂『絵』が動いているものの方が、自分は観ていて気分が良いです。3DCGは…特に最近のモノは…出来過ぎていて気持ち悪い。『アバター』なんて、観たくも無い。

3DCGって、情報量が多過ぎるんです。でもセル絵はある程度情報が整理されるので、こちら側の頭ン中で想像する余地が残されているので、気持ち悪くならないのね。



…そんな事はどうでもいいんだわ。それよりも、「アニメが好き」…というコトを笑ったり気持ち悪がったりする空気についてのハナシです。

世間一般におけるアニメーションが全てオタク系・萌え系で占拠されている訳では無いし、だからと言ってそういったモノであっても十分に完成度の高いコンテンツはある訳で、低俗なモノであるといった根拠は全く無い訳で、何かイマイチ釈然としない感があったりするのです自分は。

いいトシこいて『けいおん!!』のことをガシガシ書いてきましたし、今日も『ホームズ』を観て楽しめた訳です。自分、アニメ番組が無かったら、今頃絵なんて描いていませんがな。絵を描き続けていられるのはアニメや漫画からの影響が未だに大きいです。勿論プラモデルも似た様な理由で続けていられる訳で。

他にも世間では様々な理由でアニメが好きな方々がいらっしゃるとは思うのですが、別にいいじゃん悪いコトしている訳では無いんですもの。むしろ自分は電車の中でいつまでも下向いて携帯電話いじくっている人の方が気持ち悪いと思いますわこの際だから自分がイヤだと思う感じの人を書いておいたほうがいいわな。でもソレってマイノリティの意見ですよね多分。これだけ携帯電話が普及しちゃうと「何でソレが気持ち悪いんだ?」ってな意見の方が多い様な気もしますし。でもって、その行為(携帯電話をいじくるコトね)自体も、別に悪い事ではありませんし。

要は、マイノリティって、マジョリティには笑われる存在なんだな…というコトを、何となく思った訳です。いくらアニメがかつてよりも市民権を得たとは言っても、やっぱりまだまだマイナーなんだと思いますジブリの映画以外は。










そんな訳で、イマイチまとまりのない文章…なのは毎度の事でした。それに輪をかけてまとまりの無い感じになってしまいましたけど、来週発売の掲載誌で原作の『けいおん!』は完結し、今月いっぱいでアニメの方の『けいおん!!』も終わってしまうので、10月からは毎週火曜日の夜遅くまで起きている必要が無くなるのが、嬉しい様な悲しい様な(by真鍋和)。コアな感じではありませんけど、自分、アニメーション番組&作品がやっぱり好きですなあ。絵を見ているだけでも色々と発見があるし。いいじゃん楽しいんだから。気持ち悪がられてもいいや別に。

コメントの投稿

非公開コメント

人の楽しみにケチをつける輩には、"貴方には趣味が有るのかい?有るんならそれを貶してやろうか?貴方の趣味はそんなに高尚なのかい?どう思う" と言ってやりましょう。

自分がやられてイヤだったコトは、第三者もたぶんイヤだと思いますので、流石にソコまではしないと思います。でも今回みたいにブログに書いて、少しだけウサを晴らしてみたり。

でも実際に作っている方々のお話は興味深かったりするのですよ。最近流行りの(DVD等に収録されている)コメンタリーを聴いていると、すんごい拘りがあって、つい画面を凝視してしまいます…やっぱ気持ち悪いな自分。
プロフィール

山口 仁志

Author:山口 仁志
三流自転車乗りで三流モデラーで三流絵描きの駆け出し柔道整復師です。とりあえず、二流に昇格したい次第。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。