FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレで山に登っちゃいます

いまだに市民権を得ているとは思えないビブラムのファイブフィンガーズ(https://www.barefootinc.jp/)。雑誌やウェブサイトで見た事はあっても、実際に履いている人を見たという方は少ないのではないでしょうか。実際自分も街中で履いている人を見た事がありません。ある日、これを履いて電車に乗ったら、中国人観光者らしき人に足元をスマートフォンで撮影されました。まだまだマイナーな存在です。

それでも自分はこのシューズが大好きです。見た目のインパクトが強烈過ぎて履く事を敬遠している方々が多いのだと思いますが、慣れると他のシューズを履きたくなくなります(少なくとも自分がそうでした)。とにかく軽いし、足指を使う事ができるので速く歩く事ができるし、ランニングも楽しくなります。ソールが薄いので減りが早いという欠点もありますが、とにかく外に出て足を動かす事が面白くなるアイテムです。



vibram01

高尾山はコレで登りました。道中、すれ違う方々によく声を掛けられました。皆さん興味はあるみたいです。しかし見た目で却下されてしまう模様。履いた時に醸し出す「ケモノ感」がダメなんでしょうね。気にしなければ本当に快適なのですが…。

vibram02

飯能三名山ツアーにはコレを使用。最近買ったものでして、ビブラムの欠点のひとつであった「冬に履くとムチャクチャ寒い」を克服したモデルらしいです。まだ寒い時期に試していないので何とも言えないのですが、ソールパターンが秀逸で、滑りそうな箇所でも問題なくグリップしてくれました。



今後もずっとコイツらで登山を楽しみたいと思います…と、書きたいところなのですが、更に弱点のひとつである「耐水性の低さ」がどうしても気になりまして。以前にウォータープルーフ仕様のものが販売されていた時期もあるのですが、早々に廃盤になりまして、今では入手が超困難。再販を期待したいのですが、ソールが登山に向いているのかどうかが分からないのです。なのでメーカーさんには「防水かつ強力なソールを装備」した新作を開発して欲しいのですが、まあ無理でしょうな。

そんな訳なので、キチンとした、いわゆる普通の登山靴を一足、注文中であります。完全にドライなコンディションであれば絶対にファイブフィンガーズ一択なのですが、山の天気は変わりやすく、路面状況も一定ではありません故、万全を期す為に無難な装備も整えておこうと思った次第です。

どうしてもイロモノ扱いされてしまうアイテムではありますが、機能だけに着目すれば、本当に楽しくて素晴らしいシューズです。自分は今後も様々なシーンで履き倒します。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。